「筆まめVer.18」Q&A
Q&A検索
Q Excelで作ったファイルを開くには?
文書番号 18232
NO.1 更新日 2007年9月5日
A 以下の手順で、Excelで作成したファイルを筆まめに読み込むことができます。
※「筆まめVer.18」は「Microsoft Office Excel2007」に対応しております。
1 筆まめVer.18を起動します。起動時に「オープニングメニュー」 が表示されたら、「住所録管理」欄から「他住所録の読み込み」をクリックします。
オープニングメニューが表示されない場合は、筆まめの画面左側のガイドメニューから[宛名作成]-[他住所録の読み込み]をクリックします。
オープニングメニューで「他住所録の読み込み」を選択する画面
2 「ファイル種別」画面が表示されますので、「Microsoft Excel形式ファイル(*.xls)」をクリックし選択します。
「ファイル種別」画面で「Microsoft Excel形式ファイル」を選択
参考 参考
「Excel2007」がインストールされているパソコンでは、読み込むファイルの種類の中に「Microsoft Excel2007形式ファイル」が表示され、選択することができます。
「他の住所録形式の読み込み」画面Excel2007対応
3 「他の住所録形式の読み込み」画面が別ウィンドウで表示されます。
以下の手順で読み込むExcelファイルを指定します。
「他の住所録形式の読み込み」画面
1. [ファイルの場所]の右にあるボタンをクリックし、読み込みたいファイルが保存されているドライブまたはフォルダをダブルクリックします。
ファイルを保存した場所がわからない場合は、読み込みたいファイルのメーカー様へご確認ください。
2. 読み込むファイルをクリックし選択します。
3. [開く]ボタンをクリックします。
4 「割り付け」画面が表示されます。
上記操作でファイルを読み込むと、氏名や郵便番号、住所などの各データが、自動的に筆まめの項目に割り付けられて表示されます。

画面上に「氏名」や「会社名」などの項目名が表示されている場合は、[最初の1件を除外]をクリックしチェックを入れてください。
「割り付け」画面
5 [参照レコードNo.] をクリックし、データが正しく割り付けられているか確認します。違っていた場合は、以下の手順で割り付けを変更します。
ここでは、筆まめの氏名項目に間違って別のデータが割り付けられていた場合を例にあげてご説明します。
割り付けを変更する画像
1. 「筆まめの項目」の一覧の中から、[氏名]の右にある をクリックします。
2. データが一覧表示されますので、正しいデータをクリックし選択します。
6 各データが正しく割り付けられていることを確認できたら、[次へ]ボタンをクリックします。
「割り付け」画面
7 「読み込み」画面が表示されますので、[開始]ボタンをクリックします。
読み込んだファイルが筆まめの住所録形式に変換され、住所録ファイルのカードウィンドウが表示されます。
「読み込み」画面
以上の操作で、Excelで作成したファイルを筆まめに読み込むことができます。
参照 参照
製品付属のガイドブックに掲載があります。
・ 筆まめVer.18同梱「年賀状まるわかりブック」P88「他ソフトの住所録を読み込む」
 
以下のQ&Aも併せてご参照ください。
・ 筆まめで開ける他ソフトのファイルは?
・ 別のパソコンに保存してあるファイルを筆まめVer.18で使うには?
・ フロッピーディスクに保存してあるファイルを開くには?
・ CDに保存してあるファイルを開くには?
 
・ その他、アップグレードに関するご質問はこちら
・ 以前のバージョンの筆まめ、他社ソフトのファイル使用方法に関するご質問はこちら
・ 宛名レイアウトに関するご質問はこちら
・ 往復はがき、封筒、タック紙の作成に関するご質問はこちら